奈良県立病院機構看護専門学校

教職員・先輩からのメッセージ

写真

図書司書

校舎も体制も新しくなりました。

図書室も、以前に比べて広くなりました。

図書室では、専門分野の本や雑誌が7500冊ほど入っています。

レポートや勉強のために、現在も、学生さんが空き時間に使用して下さっています。

今後は、必要な本や雑誌を読む場所、探す場所、勉強をする場所というのだけではなく、ちょっと寄り道…なんて感じの、いろんな本と出合う場所になっていってもらえたらいいなあと思っています。

居心地の良い図書室をめざして日々頑張っておりますので、是非、図書室に足を運んでください。お待ちしております。

写真

臨床心理士

みなさん、こんにちは。臨床心理士の石田沙織と申します。今年度から本校に学生相談室が作られました。私はそこにカウンセラーとして週に2日来ています。

学生相談室では、カウンセラーが困っていることや直面している問題について話を聞き、解決の糸口を一緒に探していきます。相談内容は、学校のことや将来のこと、友人や家族のことなど多岐にわたり、秘密は守られます。一方で、相談室から出て、廊下で複数の学生さんと他愛もない話をすることもあります。

看護師は命と向き合う尊いお仕事です。現場では専門的な知識や高度な技術が求められるため、学生時代は学ぶべきことがたくさんあり、とてもハードなものになります。心身が疲れきってしまうこともあるでしょう。学生相談室は、授業に実習にと頑張っている学生のみなさんが、少しだけ立ち止まったりほっとひと息つけるような場所でありたいと思っています。みなさんが充実した学生生活を送れるよう、サポートしていきたいと思っています。

写真

臨床心理士

奈良県立病院機構看護専門学校でスクールカウンセラーをしている吉岡です。学校生活の中では、自分自身の成長を感じられたり、時に立ち止まって悩んだりと、いろいろな出来事を経験することがあると思います。スクールカウンセラーは、学校生活の中で皆さんが直面するさまざまな問題について、一緒に皆さんと考えながら、学生生活がより充実できるようにサポートさせてもらう役割をしています。いざ相談する際に「こんなこと聞いてもいいのかな?」と自分にとっては些細なこともあるかもしれません。そんな時、ちょっとしたことであっても人に話をすることで気持ちが落ち着くことがあると思います。勉強のこと、将来のこと、性格のこと、対人関係など、相談内容はどんなことでも構いません。カウンセラーが、ゆっくりと時間をかけてお話を聞かせてもらいます。相談したいことがあって困っているときに、誰にそうだんしていいか分からないとき、気軽に利用していただければと思います。

写真

奈良県立病院機構看護専門学校
学生自治会の紹介

本校には学生自治会があります。

1学年80名、全校生240名の交流を図り、在校生が学生生活をよりよく過ごしやすいように学生自治会が中心になって、積極的に環境整備などの活動をしています。

また、学校祭実行委員と共に、学校祭の企画もしています。

学生自治会長:小窪美由紀

副自治会長:石川莉乃 / 喜多礼佳

  • ޗnj
  • Wv
  • eؖ̔s

Copy(C)2014 Nara Prefectural Hospital Organization Nursing School,All Rights Reserved.